ワーロン障子の耐久性はすごい/メリットデメリット | 佐賀の畳屋|畳替えは青畳工房
0120-743-443

ワーロン障子の耐久性はすごい/メリットデメリット

ようやくもらうことができました。

ワーロンと呼ばれる障子紙のようなもの新しいカタログ!

20150422-075616.jpg

たまにお客さんから

『破れない障子ありますか?』

と聞かれることがありますが、破れにくいと破れないではやはり違います。

このワーロンというのは紙をラミネート上にしてますので、故意にカッターや尖ったもので破壊しなければほぼ大丈夫です。

破れにくい障子というのならば、タフトップなどの強化和紙の方もご説明いたします。

ただしデメリットとしてワーロンシートには熱の伸縮という特性がありますので、あまり湿気が多い掃き出し窓や日光が当たる場所などにはオススメしません。枠とワーロンの伸縮率が違い剥がれてしまいます

障子本体が反ってしまったりしちゃうので、掃き出し窓が直接障子になっているような最近ありがちのお宅にはオススメしません。

20150422-080158.jpg

種類もこんなにたくさんありまして、工芸和紙をラミネートしたやつもあり見た目からはなかなか区別がつかない仕上がりです。

ちょっとお値段張りますけど、長持ちという観点からはコストパフォーマンスがとても良い商品になりますね!

タフトップなどの強化和紙はこちらです。

20150422-080459.jpg

ワーロンにはワーロン用の両面テープで。
タフトップは通常のデンプン糊で施工いたしますので、用途や障子の種類によっても使い分けた方がいいと思います。


青畳工房はここにあるよ!


佐賀城やNHKがある通りを西へ!
佐賀県佐賀市水ヶ江1-13-39(龍谷高校北側)
0120-743-443 


小城 畳   久留米 畳  神埼 畳

コメント