畳の厚さには種類がいっぱい!

畳の厚さって実は床材にこだわらなければ割とどうにでもなるんです^_^

12mmや15mmの極薄な畳。
主に床暖房畳やフローリング置き畳になります。
特徴として畳が硬くなりがちなのと、芯材がヘタって表替えができない場合がありますので家を建てる際は特に理由がなければこの厚みではなくもう少し厚い畳にしてもらいましょう。

30mm前後の畳。
極薄畳よりは後々の張替えも効きやすい。しかし、上級品の畳表などは芯材が負けてしまい扱いにくい。
畳が好きな人はもう少し厚い畳にしてほしい。


50mm前後の畳
一般的な畳の厚さになります。
芯材を安価な2型と呼ばれるタイプの建材畳床にしなければだいたいどんな畳表も使えます。
生活環境や家の構造で畳床に藁を使ったりもできます。

だいたい3ミリ刻みくらいで畳床厚みは作ることができます。後は芯材がにつけるクッションの厚みなどで調整する場合もあるんですよ^_^


番外編


礼盤
用途は住まいではなくなりますが、こんな分厚い畳もあります。
これはお寺などで使われる礼盤(らいばん)と呼ばれるもので、
写真の場合は通常の畳の2枚分の厚みがありますので、

二畳台と総称されるものです。


青畳工房 古賀畳工業所でできること!
  • 新調・表替え・裏返しなどの基本的畳工事
  • 礼盤(二畳台)四天付拝敷き等のお寺・神社向け有職畳
  • フローリング用置き畳の製作・通信販売
  • 襖・障子・網戸の張替え
  • ブラインド・ロールスクリーン・シェード・カーテンの取り付け
  • 畳縁を使ったカード入れやバッグの製作(趣味)

ここにあるよ!
佐賀県佐賀市水ヶ江1-13-39(龍谷高校北側)
0120-743-443 
青畳工房 古賀畳工業所は
六代目が畳マンとして面白おかしく和気あいあいとしながらも
本気で畳を作る畳バカがやっている小さなお店です。
当店ホームページは↓こちら↓
佐賀の畳屋 青畳工房

コメントを残す