手抜き畳屋の代表格。畳は危険な物であってはならない

20140427-210132.jpg

佐賀市内の畳屋さんが作った畳の古い畳表を捲った状態です。
わかりますか?

畳床の上に数本イグサが散らばっています。
これは以前畳を作った時に、解れ止めをする前の畳表からイグサが抜け落ちたのをそのままに畳表を張った状態です。
このお宅の畳は全てこんな状態でした。。
というか、解れ止めすらしてなかったですが、、、。
このくらいで足ざわりが変わる事はありませんが、もし裏返しを考えるお宅ならば、畳表にい草の形が残る事になり裏返しの際見た目が悪くなる可能性があります。

さらに
20140427-210758.jpg
こういうのも行けません。
畳縁を解くとタッカーが打ってありました。
何の為かは定かではありませんが、一枚あたりに12箇所くらいありました。。
こういうのは縫った後取り除くのが普通で、残すと錆びてから刺さる可能性があります。
とても危険な手抜き工事です。

ゴミを取り除き、当たり前の施工をして納品しました。


畳替えはきちんとしたお店に、、。


青畳工房 古賀畳工業所でできること!
  • 新調・表替え・裏返しなどの基本的畳工事
  • 礼盤(二畳台)四天付拝敷き等のお寺・神社向け有職畳
  • フローリング用置き畳の製作・通信販売
  • 襖・障子・網戸の張替え
  • ブラインド・ロールスクリーン・シェード・カーテンの取り付け
  • 畳縁を使ったカード入れやバッグの製作(趣味)

ここにあるよ!
佐賀県佐賀市水ヶ江1-13-39(龍谷高校北側)
0120-743-443 
青畳工房 古賀畳工業所は
六代目が畳マンとして面白おかしく和気あいあいとしながらも
本気で畳を作る畳バカがやっている小さなお店です。
当店ホームページは↓こちら↓
佐賀の畳屋 青畳工房

コメントを残す